フテブテの歩み

サワユキ。傲慢な小娘。文筆家。演劇ユニット「燃ゆる塵芥」主宰。

一般感覚

たまーにある一般感覚と異なる感情なとき、あえて一般感覚あるフリをした方がウケがいいけど、そんな「フリ」は2、3年前によく見かけた、AKBのメンバーの名前を知ってると言い、そして無料通話アプリLINEを使っていると若い子に媚び媚びに話しかける中年男性のような違和感ありあり、意図バレバレのステレオタイプ的会話になりつつあるなって、感じる。1990年代のおじさんはたまごっちとポケベルを知っているとコギャルやOLにべしゃりかけるし、歴史は繰り返す。

 

でも一般感覚と離れた感覚が負の感覚、たとえば恋人ほしくないとか、金なんか大していらないとかそんな感情を認めてもらうのは難しくて、「本当は恋人欲しいんでしょ、負けおしみ言って」と言われてしまうので、やっぱり一般感覚に沿った方が純粋な人の心は掴みやすく、しかし嘘を言う私は純粋ではなくて、仕方ないので本当の気持ちをさらけ出すと「負けおしみ言ってぇ」と目を皿のようにされたり、「わかるぅ」と言う、ちょっとヒネた方々に近づかれたりするので、

本当にイヴとかどうでもよかったんだと伝えるためにはどうすればよかったのか?

むしろ今までこんな話をしようと思うまでイヴを意識していなかったはずなのに。それすらも言葉にすると嘘臭い。

しかしだからと言って、黙ってる奴が1番偉いのか?全部見透かしたような顔して、ぼんやりしたニュアンスを漂わせ、自分の土俵だけでモノを言ってるようなする奴が。

人の良さを認めず下に見るような人間が、心のつながりとか愛とかを掴めるのか?ニュアンスの愛とか掴めない綿のようなものを掴んだフリして手に持ってるフリしてもったいぶって見せないんじゃなくて見せられないんだ、存在しないから。

そういう人に負けないで欲しい、全国の無鉄砲。