フテブテの歩み

サワユキ。傲慢な小娘。文筆家。演劇ユニット「燃ゆる塵芥」主宰。

ハイテンションモード

たまに馬力をかけると止まらなくなる。そういうときは動作だけじゃなくて、口数も機関銃の如く増えるから、やかまし過ぎて、ドン引きされて友達が減りそうになる。

しかもそういう日はギリギリの状況だから、ドスッピンに度の強い眼鏡で、徹夜明けのベタついた髪で、外側からだってドンドンドン引きされる。

しかし、そういう日に目的を達成できると、めっさ!嬉しい!ので、感情も馬力が止まらず、HiHihighテンションのまま、興奮して、そのまま周りに心をぶつけて、更に気持ち悪がられる。

でも、そんな日こそ、魂は踊っていて、芯から輝いているので、「君のハートに惚れてるんだぜベイベー」って方は、ぜひハイテンションモードの日にお声掛けいただきたい。

ドスッピンにビン底眼鏡、ベタついた髪の、女子力スカウターマイナス5,000の者が対応致します。逃げないで、逃げないで。今日の私の瞳を見て。いつもの厚化粧より素敵でしょう?私の内面が好きなのでしょう?ねぇ?ねぇ?