フテブテの歩み

サワユキ。文筆家。表現について、生きることについて、真剣に、楽しく、強く。

紅テント

名高いテント芝居、唐組の「吸血姫」を観に行きました。

新宿花園神社の境内に立てられた紅のテントにて、桟敷席に200人近い人間を詰め込んで上演されました公演は、目の前に柱があってよく見えないわ、外のバイクの音がやかましくてよく聞こえないわ、むんむん蒸し暑いわ、多分他の演劇団体だったらクレームの嵐なのですが、そんなことを感じさせない舞台のクオリティと熱とでテントの中が紅に染まっていきました。

そしてそんな観劇環境にもかかわらずなぜ満足度が高いのかと言えば、舞台のクオリティの高さもありますが、やはり劇団員一人ひとりが己の体の全てを費やし、舞台だけで食う覚悟で全てをこなしているからではないでしょうか?
チケットのもぎりや場内案内、機材の操作までこなし、終演後は汗をしたたらせながら靴袋を回収するあの熱があるからではないでしょうか?


資本主義経済においては、いかに少ないエネルギーでいかに最大の効果を挙げるかが、その人物の評価や賢さに繋がっております。
なので、人々は汗をかかずにたくさんのものを得ることを鼻高く思っている。
ビジネスにおいては大事なことであり、我々もその恩恵を受けておりますが、それを表現の場に持ち込んだとき、表現は熱のない冷めたインスタントなものになってしまいます。

表現は人の心を動かす狂気であり、狂気は狂ってならねばいけません。狂気は要領よく手を抜いて、計算しながらできるものではないのです。

そしてお客様に心地よく見て頂くサービスと面白い舞台を作るサービス、どちらを優先するかところどころに順位をつけねばならないと思うのです。

劇団としては幾らでも大きな劇場を借りられるようになり、そしてスタッフとして手伝いたい人は幾らでもいるであろう今もなお、見えづらさを差し置いてでもテントにこだわり、ひとりひとりのハードさを気にかけず劇団員たちで全てのスタッフ業をこなすのは、自分たちの求める舞台のために他なりません。

表現をする以上、譲ってはならぬものがあるのだ、全てをサービスにしてはならぬのだ、と改めて理解しました。


このように、情熱とは公演の内容だけでなく、公演の打ち方という外側の部分にも表れるものだと感じ、いたく感動しました。


私はあの情熱こそ信頼だと思っています。

そしてあの汗こそ応援せねばならない表現者としての姿勢だと思っています。

私はこれからも汗をかく人々を見つけては応援します。

それは紅テントではない、まだ名の売れていない人や表現をしていない人もです。むしろ、そういった人こそ応援しなくてはなりません。


紅テントは3500円で畳にぎゅうぎゅう詰めです。

でも決して高くはないのです。ぜひ観て、聞いて、感じてください。