フテブテの歩み

サワユキ。文筆家。表現について、生きることについて、真剣に、楽しく、強く。

象徴

象徴があると物事は理解しやすい。

ので、もともと象徴のないもの、ただそこに存在するだけのものにすら象徴を見つけようとしてしまったり。

ただなんとなくそこに在るものを、深読みしてしまう。たまたまそうなったと思われているものにも、本当のところ無意識下に目的があったりするのだろうか。

自覚のない行動は一概に卑下されていいものなのか。

キャンパスに描かれた意味深なりんごは、ニュートンの象徴だろうか?それとも天界の楽園の象徴だろうか?それとも作者の大好きなくだものだろうか?

そこに在るだけでも意味があってもそれを思っているという気持ちは少しも違いなく美しいような同じように醜いような。