フテブテの歩み

サワユキ。傲慢な小娘。文筆家。演劇ユニット「燃ゆる塵芥」主宰。

近況/「数」の価値

半年ほど前に毎日エッセイのようなものを書く宣言をし、みっともないことに一ヶ月ほどでやめました。

 

習作のためには、ある程度の出来であってもじゃんじゃん出すべきなのか、納得いく1本を推敲し続けるべきなのか、どちらも一長一短ですが、違う価値観の人に自分を評価してもらうために、「数」は大切であると思います。

 

特にこの半年で応援してくれる人が増えました。その中には、いろんな職業やいろんな立場のいろんな価値観の人がいて、「文章の中身なんか判断できない」と言う人だっています。が、そんなことを言いつつ、私の歩いた痕跡を見て、それだけで応援してくれる人だっています。

伝わらない人に伝えられる手段として「数」があるなら、それだって表現の一部な気がするのです。ので、自分の伝えたい中心では決してないにせよ、大事な人が応援してくれる理由になってくれるなら、「数」だって大切にしたい。

 

半年前よりは幾ばくか、人を不快にさせずに主張を伝えることが上達したと思います。

本当に一歩一歩。

自分が書く数は増やせても、人とは、一人ひとりとじっくり繋がらなきゃいけない。

これからも誇りと自省の念を持たないとならない。

 

更にいろいろな人と関わろうと思って、夏から新しい活動も始めました。

表に出るというのは風にさらされることでもありました。表現の中の1つの世界に飛び込むだけでこうなのだから、本当の意味で外に出たときはどうなってしまうのだろう。

 

とにかく今日も1日楽しく過ごせたことに感謝です。本当にいろんな人にお願いをして叶っている環境、もう少し、心だけでも恩返ししたい。