読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フテブテの歩み

ゆき。傲慢な小娘。自称文筆家。

もう若さじゃ押し切れない

若さは万人に与えられた強力なアイテム。若さは多少の無理を自分にも他人にも通す。若さは現象としてあるだけなのに、ふと自分の一部かのように思えてしまうこともある。そして若さを失ったとき、自分の欠片も失ってしまったように思う。

 

自分が若さで乗り切れていたのは、自分の力だけじゃなくて若さの勢いもあったからなのかもしれない。

だから人間から若さを引くと本当の人間が見えてくると思う。若さ以外、なんの力で物事を乗り切っているのか見てみたい。