フテブテの歩み

ゆき。傲慢な小娘。自称文筆家。

読解力と読解力発信力

博物館も美術館も、読解電波が飛び交ってる。

 

作品を観るための意気込みは、作品の枠組みを超え、羽を生やして飛んで行く。

 違う生き物になった読解は、もう作品とは別物。

 

 

読解力を発信する力は、読解力の大きさとイコールじゃない。

読解力を発信する力は、読解の発信力ともイコールじゃない。

 

飛び交ってる読解は、必ずしも良質なものとは限らなくて、ただ強い品種なだけなのかもしれない。

読解を発信している生産者は、読解力より読解力の発信力に優れているのかも。

 

教訓じゃないけど、目につくものばかり買ってると、凄いけど発信の苦手なものが消えてくのかも。