フテブテの歩み

サワユキ。傲慢な小娘。文筆家。演劇ユニット「燃ゆる塵芥」主宰。

たった1週間書き殴ってみて

たった1週間ですが、毎日何かしら書いてみました。

 ですが、日々、考えたことや感じたことを書いたので、書くことを自身に課したとは全く思っていません。

 

正直、行間を埋めることが満足にできないまま、不完全な文章を晒してしまったと思わないわけではありません。

(複雑な事柄を書くならば、完全な文章の書けることは、まず無いと思いますが。)

 

解釈は一人ひとり違って当然のもので、齟齬の生まれることは仕方なくて、むしろ楽しむべきことでありますが、

書けそうだったのに書けなかったことによって引き起こされる誤解は、とても歯がゆいです。

 

これからも毎日書きますが、練りに練られたものをポムッと出したいという欲は更に強くなりました。

ですから、今後は1つの事柄について敷き詰めるように書くことを心掛け、書き足らないことは日をまたいででも書こうと思います。

 

納得いくものを書きつつ期限を守れるなら、それは凄いことですが、納得のいくものを出すためにその場に留まり、考えることもまた素敵なことであると思います。